Top > 乾燥肌の薬

乾燥肌の薬

夏には潤っていたお肌が、秋になり空気が乾燥してくると皮膚がカサカサとなり、ひび割れや赤切れを起こし、かゆみや痛みがひどくなってしまう人がたくさんいます。
このような乾燥肌の人が、皮膚科を受診した際、よく処方される薬には次のようなものがあります。
乾燥肌にとって一番大切なのは保湿する事ですから、「白色ワセリン」「尿素軟膏」「MPS軟膏」などの保湿用の塗り薬はよく使われます。
これらの塗り薬は、入浴後に肌を清潔にし、角質層が水分で潤っている時に塗ると効果的です。
また、乾燥肌でも湿疹などができ、赤く炎症を起こしている場合には「ステロイド外用薬」が処方されます。ステロイドは、短期間で症状を鎮める作用があり、乾燥肌タイプのアトピー肌にも有効な薬です。
顔や首筋などのデリケートな部分の乾燥には、非ステロイド系の塗り薬で肌の炎症を抑えます。
また、強いかゆみを伴う時には、「抗ヒスタミン剤」が乾燥肌治療に用いられます。
一方、乾燥肌に効く市販薬にも塗り薬が最も多く、有効な成分として尿素、リドカイン、ジフェンヒドラミン、グリチルリチン酸、アルゲコロイド、パンテノール、ビタミンEなど、保湿とかゆみ対策に良い成分が含まれています。

 

 肌荒れの対策  髪の傷み  化粧水  ニキビ
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
乾燥肌対策(2009年6月 5日)
乾燥肌に効果的なサプリメント(2009年6月 5日)
乾燥肌の人にお勧めの入浴方法(2009年6月 5日)
乾燥肌の薬(2009年6月 5日)
乾燥肌に良い食物(2009年6月 5日)